スペシャルプログラム

サイレント映画「雄呂血」/「没後 90年牧野省三の功績を偲ぶ」

サイレント映画「雄呂血」/「没後 90年牧野省三の功績を偲ぶ」

提供: マツダ映画社

作品解説

“日本映画史上最高のチャンバラ映画”とも評される作品。
主演の阪東妻三郎は、激しく動き回る立廻りを映画に取り入れ、必然的に移動撮影も頻繁に行われ、剣戟映画の様相を一変させました。
この作品で実際に撮影された剣戟シーンは実に五千フィートを超え、クレーンなどが無い時代ゆえに、俯瞰シーンを撮る時はトラックの荷台に足場を組んでその上から撮影したといいます。

総指揮:牧野省三
活弁:井上陽一/演奏:活動写真和洋合奏団

PRポイント

「没後 90年牧野省三の功績を偲ぶ」
出演:吉本ちゃんばらパフォーマー、東映剣会
監修:中島貞夫

日本映画の一時代を支えてきた重鎮、中島貞夫監督監修。自身が20年ぶりにメガホンを執った、時代劇「多十郎
殉愛記」に出演をした吉本興業若手芸人を起用し、牧野省三氏を生み出した「ちゃんばら」を見せながら、日本映画の父・牧野省三氏の人と功績を語る。

キャスト

阪東妻三郎

監督・作品データ

監督 二川文太郎
制作年 1925(大正14年)
コピーライト 提供: マツダ映画社

上映情報

日時
10月20日(日) 14:30〜
会場
よしもと祇園花月
登壇
「雄呂血」弁士: 井上陽一、演奏: 活動写真和洋合奏団 / 「没後 90年牧野省三の功績を偲ぶ」出演:吉本ちゃんばらパフォーマー、東映剣会、監修:中島貞夫
チケット情報
チケット種別
有料

チケット情報

Close