サイレント/クラシック映画

播州皿屋敷

播州皿屋敷

作品解説

一枚、二枚・・・と預かった皿を数え、足りないために手打ちにされるお菊の悲劇は、落語や講談、映画にも取り上げられた有名な怪談物の一つ。
一場的な大げさな仕草で、大正期の無声映画の典型的な作品と云える。賀古残夢監督の残存する唯一のものである。

キャスト

沢村四郎五郎

監督・作品データ

監督 賀古残夢
製作国 日本
製作年 1924